たなか歯科

一般歯科|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科



歯肉から出血することがある。
歯の間に歯が詰まりやすくなった。
時々歯が浮いた感じになる。
たまに歯肉がはれる。
ふと口臭が気になった。
歯がしみる時がある。


このような症状はありませんか?歯の病気の中には初期段階では自覚症状が少なく、本人が気づく頃にはかなり重症になっているケースは少なくありません。
歯に違和感を感じたり、少しでもご不安になられた際はどんなに小さな症状でも、お気軽にご来院ください。その際はまず、一般歯科にてお口の状態をしっかり検査・カウンセリングを行い最善の治療法を患者さんとご相談しながら進めていきます。

虫歯にどうしてなるの?

虫歯が出来るメカニズムは、まず虫歯の原因菌であるミュータンス菌が歯に付着しプラーク(歯垢)を作り出します。その後、砂糖などの糖質を栄養源にプラークの内部で酸をつくります。この酸が歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、虫歯が生まれるのです。
しかし、プラーク(歯垢)が形成され始めてから実際に虫歯の原因になる酸を作り出すまでには、24〜48時間かかると言われております。そのため1日1回きちんとした歯磨きを行えば、虫歯は予防できるのです。

しかし 、毎日歯をきちんと磨いていたのに虫歯になってしまった…。そのような経験をされた方も少なくないでしょう。このようなケースは、ご自身ではしっかり歯磨きを行っているつもりでも、磨き残しがあり虫歯になってしまっているのです。
そのため当院では、定期検診で磨き癖などを確認し、正しいブラッシング指導を行っています。また、歯茎の間の溝(歯周ポケット)まで磨ける特殊な器具を使用して清掃するP.M.T.Cや歯を強くするフッ素塗布なども虫歯予防にとても効果があるためオススメしております。

虫歯予防

根管治療について

根管治療とは、重度の虫歯などで歯質や神経を除去した後、 神経が入っていた根管を専用の器具を使い1本1本丁寧に掃除し、根の先まで薬を入れる治療です。神経を除去した場合は、根管治療がその後の治療の基礎となるためとても大切です。

しかし、根管治療というのはしっかり行われていなくても、すぐには症状が出ないことが多いのです。そのため、全ての治療が終わってから根管治療の不備によるトラブルが起こってしまった場合、またはじめから治療しなおさなくてはならず、詰め物やクラウンなども作り直さなければなりません。そして、最悪の場合は抜歯をしなければいけないケースもあります。
そのため、当院では根管治療をじっくりと時間をかけ、患者さんにご説明を行いながら丁寧に治療を進めております。ご不安な点等ございましたらお気軽にご相談ください。

一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト