たなか歯科

入れ歯治療|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科



入れ歯をというのは、ご自身に合ったベストなものであれば、虫歯や歯周病、突然の事故など、様々な理由で歯を失ってしまっても、再び歯のある幸せを実感し、食事や会話も以前のように楽しむことが出来ます。
しかし、患者さま一人一人にあった快適な入れ歯作成はとても難しいものです。実際に作った入れ歯に違和感がある、装着すると痛い、しっかり噛めないなどの悩みをお持ちの方は少なくないのではないでしょうか?このような場合、入れ歯を装着することを敬遠しがちになってしまいます。そうすると、入れ歯を装着しないことが原因で噛み合わせのズレなどの新たなトラブルが発生してしまうのです。

そのため当院では、十分なカウンセリングや綿密な型取り・噛み合わせの調整を行い、信頼できる技工所にのみ作成を依頼し、審美性・機能性共に兼ねそろえた入れ歯作成を行っております。また、院長自身も入れ歯の経験を持っているため、患者さんの気持ちを理解し、どんなに小さなお悩みでも解決出来るよう最善の治療に努めております。

入れ歯が合っていないとさまざまなトラブルに!?

初めての入れ歯で違和感が気になって仕方がない。
入れ歯をすると声が変わってしまう。
硬いものが噛めない。
見た目が気になって思いっきり笑えない。
装着すると痛い。

入れ歯だと食事が味がせずおいしくない。

このようなお悩みはありませんか?このようなことは、今お使いの入れ歯は本当はご自身にあっていないから起こる問題です。合っていない入れ歯は、体全身の健康にも様々な悪影響を及ぼします。どんなに高い入れ歯を使用してても、ご自分に合ったものでないと意味がありません。しっかりとした検査とカウンセリングを行い、ご自身に合った入れ歯でよりよい素敵な生活を送りましょう。

入れ歯が合わず装着するのを敬遠しがちになってしまっている場合、周囲の歯は支えがなくなってしまい、歯並びに影響が出てきます。そのため、食べカスなどが残りやすく虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

歯の噛み合わせは、体全体のバランスにも関わります。そのため、入れ歯が合わず、噛み合わせが悪いと、体全体のバランスを崩し、余計な部分に負担がかかり、肩こり・腰痛などの症状を引き起こすことがあります。

硬いものがよく噛めないなどの食べる際の悩みがあると、なかなか食事も進まないものです。そうすると顎の骨がやせてしまい、しわやたるみの原因になり老けた印象になってしまいます。

入れ歯で噛むときに痛みを感じてしまう場合、極端に噛む回数が減ってしまいます。そうすると、噛むことによって分泌が盛んに行われる唾液が減少してしまうのです。

入れ歯の種類

当院の入れ歯治療では、もっとも信頼をおく大阪の技工士さんと連携し、患者さん一人一人の咬み合わせや筋肉の動きまで考慮した入れ歯作成を行っております。素材などもこだわってベストな入れ歯作成に努めております。


磁性アタッチメント義歯とは、入れ歯と残っている歯の両方に磁石を取り付け、磁石の力により安定感もあり、しっかり噛む力ことも出来る入れ歯です。また、残っている歯が差し歯の場合でも使用出来るため多くの方が使用可能です。


ノンクラスプデンチャーは、審美性に大変優れているおり、笑っても入れ歯だとほとんど気づきません。また、金属の維持装置がなく、薄く、軽く、弾力性がある樹脂素材を使用しているため、違和感や痛みを生じるなどの問題もありません。


チタン床義歯は、チタンを使用した入れ歯です。チタン素材は非常に軽く、生体親和性に優れており金属アレルギー反応もおこらない、体に優しい入れ歯です。硬いものを食べても安定した噛み心地が実感できます。

プラスチック義歯は、健康保険が適用のためとても経済的です。しかし、プラスチックは硬いため、多少痛みや違和感が伴う場合があります。そのため始めに適しているか、カウンセリングや検査をしっかり行うことが大切です。
一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト