たなか歯科

歯科口腔外科|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科



歯科口腔外科では、口腔・顎・顔面ならびにその隣接組織に生じた疾患に対して診断し、失ってしまった自然な形態や機能を回復させる治療を行っています。
主な例としては、親知らずの抜歯や交通事故やスポーツなどの外傷による口腔内のケガ、顎関節症などが上げられます。

親知らずは抜くべき?

親知らずは、まっすぐ生え、正常に機能している場合は無理に抜く必要は全くありません。また親知らずを健康な状態で残しておけば、奥歯を失ってしまった際、その部分に親知らずを移植することが出来るため残しておくことも大切です。

しかし親知らずというのは、一番奥に最も遅く生えてくる歯で、生えてくる際に十分なスペースがなく斜めに傾いて生えてくるケースが多くあります。この場合、歯茎や顎の骨を圧迫して痛み伴ったり、炎症を起こしてしまうことがあります。このようなケースは、親知らずの抜歯をおこないます。


また、たとえまっすぐ生えてきた場合でも、親知らずは磨きにくく汚れが蓄積しやすいため、歯茎が炎症を起こしたり、親知らずが虫歯になったりするケースが多いと言えます。そのため、このようなトラブルを事前に防ぐために抜歯することもあります。
ですから親知らずは一概に抜く必要があるかないかは言えず、人それぞれなのです。そのため親知らずが生えてきたら、痛みがなくても、まずは歯科医院でご相談ください。

顎関節症の治療について

顎関節症とは、顎の骨が動くときに使われる関節(顎関節)に、噛み合せのズレ歯ぎしり精神的なストレスなどで過度の緊張や連続的な負担が原因で起こる病気です。特に若い女性がかかりやすいと言われています。

顎関節症の治療は、マウスピースを使用し噛み合わせを調整する方法が一般的です。やわらかい素材のマウスピースを使うことによってクッションの様な役割を果たし、関節への負担を軽減することが出来ます。また、就寝時に主に装着するため、夜間の歯ぎしりや食いしばり防止にも効果があります。
顎が鳴る口が大きく開かない顎が痛むは、顎関節症の三大症状です。症状が少しでもあてはまる方や、ぜひお気軽にご相談ください。

一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト