たなか歯科

歯周病|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科


歯周病治療トップ 歯周病の原因 歯周病治療の流れ 再発防止のメンテナンス 歯周病の進行 歯周病の全身への影響

歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまい、進行すると歯を失うこともあるとても怖い病気です。大体20歳くらいから始まるといわれております。日本は「歯周病大国」と呼ばれるほど患者数が多く、35歳以上になるとの8割の方が歯周病だと言われております。

また自覚症状が少ないため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているケースが多い危険な疾患です。そして、進行が進み歯が溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、ある程度進行してしまった歯周病に対しては、成すすべがないというのが今の歯科医療の現実です。

歯周病のもっとも代表的な原因としてあげられるのがは、私たちが食事をした後に残った食べカスです。歯周病とは、口腔内の細菌(原因菌)によって引き起こされる感染症です。 細菌は、食べカスを栄養源として細菌がどんどん増殖してプラーク(歯石)を増やし、歯肉や歯槽骨に炎症を引き起こすことによって、歯周病を進行させていくのです。また、この他にも歯周病の原因として注意すべき点は以下のようなことがあげられます。

歯並びの乱れ【食べカスが残る】【歯周病の誘因】
歯並びが悪い場合、どうしても食べカスが残りやすいポイントがでてきてしまい、歯磨きに磨き残しが生まれやすく、歯周病へのリスクが高まります。


【噛み合わせのズレ】【歯に大きな負担】【歯周病の誘因】
噛み合わせは歯にかかる力のバランスに大きく関わっています。そのため噛み合わせが悪いと一部の歯に許容範囲以上の力がかかり大きな負担をかけてしまいます。


【喫煙】【細菌への抵抗力の低下】【歯周病の誘因】
タバコ含まれるニコチンや一酸化炭素などの有害物質は、ビタミンCを破壊し、血流の低下と酸素不足を招き、白血球の力も低下させ細菌への抵抗力を弱めてしまいます。そのため、歯周病を引き起こす原因に繋がります。また喫煙期間が長い方は、歯茎のも黒っぽく変わってくるため、歯周病の症状である炎症も気がつきにくくなってしまいます。


【糖尿病】【細菌への抵抗力の低下】【歯周病の誘因】
歯周病は糖尿病の6番目の合併症と言われています。その原因として、糖尿病が進行すると血糖値が高くなり、歯ぐきの毛細血管の血流が悪化、血液が行き渡らず細菌への抵抗力が低下して歯周病にかかりやすいと考えられています。
また最近の研究では、糖尿病が歯周病を悪化させるとともに、歯周病も糖尿病を悪化せせるという、相互の影響が指摘されています。


【補綴物の不良】【食べカスが残る】【歯周病の誘因】
補綴物は、長期期間使用しているとズレが生じてきたり破損することがあります。そうすると、食べカスが挟まりやすい部分や、歯磨きの毛先が行き届かない部分が生まれてしまい歯周病の原因になってしまいます。また、補綴物の素材によっては歯の表面にプラークがつきやすいものもあるため、きちんとご自身に合った補綴物を選択することも大切です。


【合わない入れ歯】【歯並びの乱れ】【食べカスが残る】【歯周病の誘因】
きちんとご自身に合った入れ歯を使用しないと、痛みや違和感を感じ、装着することを敬遠しがちになってしまいます。そうすると、周りの歯は支えがなくなってしまい、歯並びに影響が出てきます。そのため、食べカスなどが残りやすくの歯周病の原因になってしまいます。
一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト