たなか歯科

歯周病|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科


歯周病治療トップ 歯周病の原因 歯周病治療の流れ 再発防止のメンテナンス 歯周病の進行 歯周病の全身への影響

歯周病という病気は知っていても、治療の詳しい流れはあまりご存じない方が多いと思います。
しかし、歯周病の根本的な問題から解決するには、患者さん自身もしっかり理解して一緒に治療に取り組むことが大切です。当院の歯周病治療では、分かりやすく説明を行いながら丁寧に治療を進めていきます。気になる点や不安なことなどございましたらお気軽にご相談ください。

歯周病治療の一般的な流れ

まずは、現在の症状やこれまでの経過など、今後治療を行っていく上で参考となる情報について患者さんから話をうかがいます。また、不安な点などがございましたらご説明を丁寧に行い、問題が解消されるまで親身になってケア出来るよう努めております。

レントゲンを撮って骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態を詳しく検査します。患者さんのお口の状況を正しく理解することは、最善の治療を行うためにはとても重要です。また、検査後は患者さんの現在のお口の状態と今後の治療の流れを丁寧にご説明致します。気になる点などございましたら、何でもご相談ください。


歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)です。そのため歯周病の再発を防ぐため、正しいプラークコントロールの方法を指導します。

スケーラーという器具を用いて、歯石を取ります。歯石は歯磨きで取り除くことは出来ませんが、90パーセント以上の人が持っているといわれております。しかも、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、歯科医院で専用の器具を使い清掃することが必要です。


ルートプレーニングとは、スケーリングでは取ることのできない歯の根の奥深くの歯石や細菌に感染した歯質を、麻酔を行い専用の器具で清掃する治療をのことです。スケーリングとルートプレーニングを行うことで歯周病予防に大きな効果があります。


歯周病は正しいメンテンンスで防げる病気です。「なぜ歯周病になってしまったのか?」という根本的な問題を患者さんと一緒に解決し、「再発しないために何が必要か?」ということを考え、患者さん一人一人に合わせたメンテナンス行うことに努めております。



歯周ポケット掻爬術について

スケーラーという器具を用いて、歯石や炎症をおこしている歯肉を取り除き、歯周ポケット内を清潔にし歯根面に新付着へ導くことによって、歯周ポケットを減少させる治療です。

新付着手術について

メスを用いて歯周ポケット内壁を切除し、露出した歯根表面をスケーリングやルートプレーニングを行った後、歯肉を縫合し、歯根表面に密着させて治癒をはかる手術法です。

歯肉切除術について

歯周ポケットを形成している歯肉を切除し、健康的できれいな歯肉形態に導く手術方法です。

歯肉剥離掻爬術について

麻酔を使用し、歯石がよく見えるように歯の周囲の歯茎をメスで切り開き、歯茎の奥の歯石を徹底的に取り除く手術方法です。

歯槽膿漏の改善・審美治療


治療前は歯槽膿漏が進み、前歯横(左上3番)の歯も被せ物の一部(ポーセレンマージン)が露出、さらに横の歯(左上2番)も極端に飛び出ているような状態でした。
そこで、ブラッシング指導を中心に歯槽膿漏を改善し、前装冠に歯並びの改善、審美性をふまえて治療をしました。全て保険診療内の治療で済みました。
一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト