たなか歯科

歯周病|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科


歯周病治療トップ 歯周病の原因 歯周病治療の流れ 再発防止のメンテナンス 歯周病の進行 歯周病の全身への影響

歯周病治療が終わったからといって、その後は何もしなくてよいという訳ではありません。特に、一度歯周病になってしまった方は、再度歯周病になってしまう傾向があります。そのため、生活習慣などの根本的な問題を見つけ出し、改善していくことが再発防止に高い効果があると考えます。
また、以下のような定期的なメンテナンスも再び歯周病にならないためにはとても大切です。歯周病予防に一緒に取り組んでいきましょう。


スケーラーという器具を使用し、歯科衛生士によって丁寧に歯石を取り除いていく治療です。スケーラーには、手用スケーラーや超音波スケーラー・エアースケーラーなどがあり、患者さんのお口の状態に応じて使い分けています。

ご自身ではしっかり歯磨きしているつもりでも、磨き癖などで食べカスが残ってしまい歯周病の原因になってしまうことが少なくありません。そのため、染めだしなどで磨き残しをご自身でしっかり確認し、正しいブラッシング法を身につけることも予防に繋がります。


歯周病は特に自覚症状が少ないため、歯科医院での定期的な検診を行い早期発見・早期治療することがとても大切です。早期発見なら、ブラッシングの改善などの簡単な治療だけで済むこともあります。再び再発しないために、一緒にメンテナンスを行っていきましょう。

フッ素には、細菌の働きを抑える効果や歯表面のエナメル質強化・プラーク(歯垢)が付きにくくするなどの効果があります。フッ素塗布は、歯周病に強い歯へ導きます。

P.M.T.Cとは、ご自身の歯磨きだけでは磨くことが出来ない歯周ポケット内の歯の根をキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。また、心地よいと感じる範囲の刺激で治療を行いますのでリラックスして治療を受けていただけます。
P.M.T.C

一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト