たなか歯科

小児歯科|横浜市・鶴見駅近くの歯科|たなか歯科



歯科医院に「怖い」や「痛い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。その原因として、子どもの頃の痛い虫歯の治療や怖い思いしたことがあげられるのではないかと考えます。
そのため、私たちはお子さんが怖いと感じている時には治療をしないようにしています。怖がっているのであれば、最初はスタッフと話しをしたり絵本を読んで慣れさせてあげ、時間をかけてでも歯科医院の怖いというイメージを取り除いてあげてから治療を行うようにしています。
歯科医院に遊びにいく感覚で通えるようになれば、定期的に検診ができ虫歯も早期発見で痛い思いをせずに簡単な治療だけで済みます。また、小さい頃に歯の大切さやケアの仕方をきちんと教えてあげることで、将来の歯に対する意識が大きく変わってきます。当院では、お子様が生涯にわたり健康な口腔内環境を保てるよう、お手伝いしたいと考えます。

虫歯にならないために

歯というのは、未完成のまま生えてきて、お口の中で時間をかけてゆっくり成長します。そのため、乳歯・永久歯共に生えたばかりの歯はとても柔らかく非常に虫歯になりやすい状態と言えます。
虫歯にならないようにお子さんの歯を大人がしっかりとケアし、正しい歯磨きを教えてあげることが大切です。
また、以下のようなことを日頃から気を付けることも虫歯予防につながります。

 

よく噛んで食事をすることによって、唾液の分泌が盛んになります。
唾液には、「緩衝能」という虫歯の原因菌が出した酸を中和する力があるため虫歯予防の効果があります。

歯の質を強くする「フッ素」を使用することも虫歯予防にとても効果的です。フッ素塗布やフッ素入り歯磨きは、虫歯の原因菌が出す酸に溶けにくい強い歯に変化させます。
虫歯の原因菌は、砂糖などの糖質を栄養源に増殖を行います。そのため、糖分の多い甘いお菓子などを多く摂取していると、虫歯になりやすい口腔内環境を作り出してしまいます。
小さなお子さんは歯磨きに慣れていないため、仕上げ磨きで磨き残しをチェックし、しっかりカバーして上げましょう。また、優しく磨き方を教えて歯磨きは楽しいと感じさせてあげましょう。

シーラント

シーラントとは、虫歯になりやすい奥歯の溝を、薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているため、毎日きちんと歯磨きをしていても磨き残しが生まれやすく、虫歯になってしまうことがあります。しかし、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、磨きにくい奥歯の溝の虫歯を未然に防ぐことが出来ます。

しかし、奥歯の溝の虫歯予防法のため、シーラントを行ったからといって絶対に虫歯にならないというわけではありません。歯と歯の間にできる虫歯には効果がありませんので、フッ素塗布やフロスの併用をオススメしております。また、薄いため割れてしまうことがあります。割れたまま放っておくと、シーラントをしていない時よりも虫歯になりやすい状態になってしまうため、定期的に歯科医院でのチェックを行う必要があります。


シーラントを行う目安は、乳児が生え揃う2歳〜3歳と、第一大臼歯が生えてくる5~6歳の時期です。また健康保険適応の虫歯予防ですのでお気軽に治療いただけます。

一般歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 歯周病治療 歯科口腔外科 入れ歯治療 予防歯科
訪問歯科療法
患者さんの声
携帯サイト